愛知県公立高校のH18年の入試問題と出題傾向

まずは出題傾向から簡単に見ていきます。

英語

◆リスニング
◆対話文
◆英作文(対話文に合うよう完成)
◆長文読解(適後、適文選択・内容正誤・要約文完成)

長文読解をするための単語力が求められます。学校の授業では、リスニングや文法問題の対応がほとんどになりますから、長文読解の練習は、受験生が自覚を持って自分で始めなければなりません。

英作文は、もともと日本語の問題とも言われています。いかに自分が書くことができる、また、構造がわかっている基本英文に、出題された問題(日本語の和訳)を引き寄せられるか。つまり、出題された形でそのまま書こうとすると、文法的な誤りを指摘され、得点を失うことになります。

数学

A、Bグループで大問の問題数が違います。主な出題単元は、以下です。
◆計算問題等
◆方程式の応用
◆関数
◆確率
◆証明問題

関数、平面図形は頻出単元。入試において、何点を目指すのかによって、テストでの時間配分、取り組みも違ってくるでしょう。難易度の高い図形や関数の応用問題にばかり目が行きがちですが、基本問題も多く出題されており、いかにミスをしないかが問われるテストといえそうです。


国語

評論文、小説、古文の大問三題で構成され、漢字も毎年確実に出題される。100字以内での記述問題が毎年出題されているが、選択問題や文章中からの抜き出し問題の比重が高く、比較的簡単な問題がでているといえそうです。


理科

生物・化学・物理・地学から満遍なく出題され、分野を横断する複合問題も出題される。

「化学変化」や「大地関連」に関する単元は、ここ3年は毎年出題されるなど、分野の勉強の優先順位を
決めるためにも、過去問を早い段階で解かないまでも、一度見ておくとことが大事です。

全国的な傾向でもありますが、記述、作図の問題も出題されていますから、普段の勉強から、一門一答形式での用語の暗記勉強だけで終わらないことが高得点をとるためには必要でしょう。


社会

地理、歴史、公民分野から満遍なく出題されています。

地理分野の自然環境、産業は頻出単元。歴史は古代から中世、近世、近現代まで、幅広く出題されていますが、基本的な事項を聞く問題も多く、教科書の勉強だけで十分対応できそうです。

公民分野は、「政治経済」分野は頻出。受験生にとっては、出題のされかた、問題の聞かれかたがわかりにくく感じさせますが、基本的事項の出題ですから、過去問をしっかり見て、出題形式に慣れておくことが大切でしょう。


以下平成18年度の入試問題です。

過去問は入試を知るための貴重な資料です。実際にやってみて、できたとかできないということを知ることも大切ですが、それ以上に、どういう形式で出題されているのかを受験生が知ることが大切です。

出題形式や問題のレベルを見ることで、普段の勉強をどのようにしていくかを考える材料になります。

 

  Bグループの入試問題(平成18年3月9日(木)実施)

  数学  社会  理科  英語

  ※PDFファイルになっています

 

  Aグループの入試問題(平成18年は3月13日(月)実施)

  数学  社会  理科  英語

  ※PDFファイルになっています

 

 

「勉強に関して競争心がない」というお母さんからの相談

 

愛知県の高校入試 by 高校入試ナビ メニュー

一般入試
平成23年度尾張第1群 〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度尾張第1群 〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Bグループ】の志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Aグループ】の志願者数  平成23年度三河第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度三河第2群〈Aグループ〉の普通科志願者数  平成23年度三河第1群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試 三河第1群〈Aグループ〉普通科の志願者数  
三河学区Aグループの高校
平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第2群〈Aグループ〉の普通科志願者数  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・三河第2群〈Aグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・三河第1群〈Aグループ〉推薦入試倍率  三河学区Aグループ2群の高校  三河学区Aグループ1群の高校  三河学区Aグループその他の高校  
三河学区Bグループの高校
平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度三河第1群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・三河第2群〈Bグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・三河第1群〈Bグループ〉推薦入試倍率  三河学区Bグループ2群の高校  三河学区Bグループ1群の高校  三河学区Bグループその他の高校  
主な高校の大学合格実績
国立大学進学者数  
偏差値ランキング
私立高校偏差値ランキング  
公立高校の入試問題
平成22年度公立高校入試問題  平成21年受験用 愛知県公立高校入試問題  平成20年度愛知県公立高校4年間入試と研究  公立高校高校入試問題  他県の入試問題をやってみよう!  愛知県公立高校のH18年の入試問題と出題傾向  愛知県公立高校の過去問(4年分)  
合否判定傾向
難関校の合否判定傾向について  
問題の出題傾向
公立高校入試の出題傾向  愛知県公立高校の過去問(4年分)  
尾張学区Aグループの高校
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度愛知県公立高校の募集定員  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・尾張第2群〈Aグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・尾張第1群〈Aグループ〉推薦入試倍率  尾張学区Aグループその他の高校  尾張学区Aグループ2群の高校  
尾張学区Bグループの高校
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度愛知県公立高校の募集定員  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・尾張第2群〈Bグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・尾張第1群〈Bグループ〉推薦入試倍率  尾張学区Bグループその他の高校  尾張学区Bグループ2群の高校  
愛知県の公立高校の入試制度
普通科、専門学科の通学区域並びに群及びグループ分け  平成22年度愛知県公立高校 入試日程  平成22年度愛知県公立高校入試 校内順位の決定方法  平成21年度一般入試の配点比率決定  愛知県公立高校入試の特徴は「複合選抜制」  
愛知県の私立高校一覧
私立高校の一覧  
愛知県の高校入試について
平成25年(2013年)度愛知県公立高校 入試日程  平成24年度愛知県公立高校 入試日程  平成23年度愛知県公立高校 入試日程  平成22年度愛知県公立高校 入試日程  平成21年度(2009年)愛知県公立高校選抜日程  2009年度愛知県私立高校の入試日程  高校入試のスケジュール  
愛知県受験ニュース
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Bグループ】の志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Aグループ】の志願者数  
推薦入試
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成22年度推薦入試 倍率  平成21年度愛知県公立高校 推薦入試合格発表  平成21年度三河第2群〈Bグループ〉 推薦入試倍率  平成21年度三河第2群〈Aグループ〉 推薦入試倍率  平成21年度三河第1群〈Bグループ〉 推薦入試倍率  平成21年度三河第1群〈Aグループ〉 推薦入試倍率  
検査方法
検査方法  愛知県公立高校の過去問(4年分)  
私立の入試制度
平成23年度愛知県私立高校 入試日程  愛知県私立高校の入試制度  
私立高校の入試問題
愛知県私立高校の入試問題  
運営者
こんにちは  
2次試験
2次試験(2次選抜)  
Copyright © 2006-2010 愛知県の高校入試 by 高校入試ナビ All rights reserved