定員割れからの一発逆転

他人事ではいられない私立高校事情。なぜこういうことが起こるのか。事態はおそらく全国で当たり前に起こっていると考えられます。合格実績の発表のあり方に一石を投じそうですね。

2007年07月27日
いずれも大阪市住吉区にある私立の大阪学芸高校と大阪学芸中等教育学校(中高一貫校)が大学合格実績を大量に「水増し」していた問題で、両校を運営する学校法人・大阪学芸が6年前、成績優秀な生徒の受験料を肩代わりして合格実績の上積みをめざす制度の導入を、「必要悪」として理事会で決めていたことがわかった。渕上英範理事長(71)が26日、朝日新聞の取材に明らかにした。大幅な定員割れへの危機感があったという。

渕上理事長によると、受験料を負担する大阪学芸高校の「進学奨学金」制度は01年11月の理事会に諮られ、翌年春に導入された。一部理事は「姑息(こそく)な手段」と反対したが、最終的に「経営を安定させるための必要悪」と一致した。中等教育学校でも同時に始めた。

1903年に開校した大阪学芸高校は少子化の影響を受け、00年の春には360人の定員に対し299人の入学者しかなかった。96年に隣に開校させた中等教育学校と「共倒れになる」との危機感があった。

そんな時、大阪学芸高校の教員から「有名大学への合格者を増やせば宣伝になる。学校が受験費用の一部を出すべきだ」との声が上がった。

理事会の決定を経て、「関関同立」と呼ばれる関西、関西学院、同志社、立命館の各大学への合格者を増やすことをめざし、毎年、300万~400万円の予算を組むことになった。

やがて、大学入試センター試験を利用した私大入試が増え、生徒が数十もの学部・学科に出願することが可能になった。当時の中等教育学校の校長は「立命館は1人で20ぐらいの学部・学科を受験できるそうだ」と聞きつけてきた。

結局、制度の運用はエスカレート。06年春には、関関同立の73学部・学科に出願させた理系トップの生徒が、すべて合格。あまりの「成果」に驚き、今春から出願数を1人30に抑えた。

この春、高校への志願者は約710人だった00年の3倍を超えた。

渕上理事長は「大学合格者数が伸びる前から、高校への志願者は着実に増えていた。生徒による授業評価など学校改革に取り組んだ結果だと思う。何も無理をする必要はなかった。残念でならない」と話した。

制度導入に異論はなかったのか。

「姑息(こそく)な手段を使うべきではないという意見も出た。だが生徒数がじり貧で、2校とも倒れるという危機感があった」

「数年後、当時の校長が『センター試験を使えば立命館では1人で20ぐらい受験できるそうだ』と言った。次第にエスカレートしてしまった」

1人で73人分の合格は常識外れでは。

 「たまたまとても優秀な生徒がいて、予算もあるのでたくさん出願した。まさか全部合格するとは誰も予想していなかった。驚いて翌年から1人当たりの出願数を減らしたほどだった」

「大学合格者が伸びる前から、高校への志願者は着実に増えていた。生徒による授業評価や積極的な募集活動などの学校改革に取り組んだ結果だと思う。何も無理をする必要はなかった。残念でならない」

 

子供が勉強しないで困る!と嘆くお母さんが注意すべきこと

 

愛知県の高校入試 by 高校入試ナビ メニュー

一般入試
平成23年度尾張第1群 〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度尾張第1群 〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Bグループ】の志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Aグループ】の志願者数  平成23年度三河第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度三河第2群〈Aグループ〉の普通科志願者数  平成23年度三河第1群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試 三河第1群〈Aグループ〉普通科の志願者数  
三河学区Aグループの高校
平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第2群〈Aグループ〉の普通科志願者数  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・三河第2群〈Aグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・三河第1群〈Aグループ〉推薦入試倍率  三河学区Aグループ2群の高校  三河学区Aグループ1群の高校  三河学区Aグループその他の高校  
三河学区Bグループの高校
平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度三河第1群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・三河第2群〈Bグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・三河第1群〈Bグループ〉推薦入試倍率  三河学区Bグループ2群の高校  三河学区Bグループ1群の高校  三河学区Bグループその他の高校  
主な高校の大学合格実績
国立大学進学者数  
偏差値ランキング
私立高校偏差値ランキング  
公立高校の入試問題
平成22年度公立高校入試問題  平成21年受験用 愛知県公立高校入試問題  平成20年度愛知県公立高校4年間入試と研究  公立高校高校入試問題  他県の入試問題をやってみよう!  愛知県公立高校のH18年の入試問題と出題傾向  愛知県公立高校の過去問(4年分)  
合否判定傾向
難関校の合否判定傾向について  
問題の出題傾向
公立高校入試の出題傾向  愛知県公立高校の過去問(4年分)  
尾張学区Aグループの高校
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度愛知県公立高校の募集定員  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・尾張第2群〈Aグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・尾張第1群〈Aグループ〉推薦入試倍率  尾張学区Aグループその他の高校  尾張学区Aグループ2群の高校  
尾張学区Bグループの高校
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度愛知県公立高校の募集定員  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・尾張第2群〈Bグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・尾張第1群〈Bグループ〉推薦入試倍率  尾張学区Bグループその他の高校  尾張学区Bグループ2群の高校  
愛知県の公立高校の入試制度
普通科、専門学科の通学区域並びに群及びグループ分け  平成22年度愛知県公立高校 入試日程  平成22年度愛知県公立高校入試 校内順位の決定方法  平成21年度一般入試の配点比率決定  愛知県公立高校入試の特徴は「複合選抜制」  
愛知県の私立高校一覧
私立高校の一覧  
愛知県の高校入試について
平成25年(2013年)度愛知県公立高校 入試日程  平成24年度愛知県公立高校 入試日程  平成23年度愛知県公立高校 入試日程  平成22年度愛知県公立高校 入試日程  平成21年度(2009年)愛知県公立高校選抜日程  2009年度愛知県私立高校の入試日程  高校入試のスケジュール  
愛知県受験ニュース
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Bグループ】の志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Aグループ】の志願者数  
推薦入試
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成22年度推薦入試 倍率  平成21年度愛知県公立高校 推薦入試合格発表  平成21年度三河第2群〈Bグループ〉 推薦入試倍率  平成21年度三河第2群〈Aグループ〉 推薦入試倍率  平成21年度三河第1群〈Bグループ〉 推薦入試倍率  平成21年度三河第1群〈Aグループ〉 推薦入試倍率  
検査方法
検査方法  愛知県公立高校の過去問(4年分)  
私立の入試制度
平成23年度愛知県私立高校 入試日程  愛知県私立高校の入試制度  
私立高校の入試問題
愛知県私立高校の入試問題  
運営者
こんにちは  
2次試験
2次試験(2次選抜)  
Copyright © 2006-2010 愛知県の高校入試 by 高校入試ナビ All rights reserved