地方の国立大を名古屋で受験

中日新聞に愛知県に関する記事が掲載されました。

非常に内容の濃い記事で愛知県の今を象徴しているように思いました。大学入試の話ではありますが、みなさんに読んでいただきたくここに転載します。


2008年2月9日 中日新聞


ラストスパートを迎えている大学の入試戦線。ここ数年、東海地方から学生を呼び込むため、名古屋市に試験会場を置く地方の国立大が目立っている。いずれも工学部で、今年の進出数は最も多い5大学に。18歳人口の減少や理系離れによる志願者減を食い止めようと、国立志向が強くモノづくりへの意識も高い東海地方に狙いを定め、大学間の生き残り競争を勝ち抜こうと躍起だ。

「室蘭の国立大を、名古屋で受験できます」。2次試験出願が始まった1月末、名古屋市営地下鉄車内に室蘭工業大の中づり広告が踊った。北海道の国立大が名古屋市に試験会場を設けたのは初めて。今月6日出願を締め切り、ふたを開けると志願者は昨年の1550人から約200人増えた。入試担当者も「まずは成功」と笑みをこぼす。

地方国立大が都市に試験会場を置く動きは、独立行政法人化で予算執行が自由になった2004年以降に加速した。特に工学部が狙う場所は、東京や大阪でなく名古屋。福井大が06年に進出したのを皮切りに、07年は山形大、今年は室蘭工大のほか富山、山梨大が新たに“参戦”した。

福井大の06年入試では、東海地区(愛知、岐阜、三重、静岡)の志願者が777人から1024人に急増。同大入試課は「受験者がもともと多く、便利さを考えた結果」と名古屋会場設置の理由を話す。

各大学とも東海地区出身者の割合に注目する。07年入試の志願者は、福井大は36%(2309人中831人)、富山大は22%(551人中120人)と占める割合は大きい。室蘭工大でも東海・北信越地方からの受験生は85人で、近畿の40人を大きく上回る。

なぜ、工学部が名古屋に会場を設けるのか。河合塾(名古屋市)の教育情報部の富沢弘和チーフは「各大学とも工学部は定員が多く、大学経営上大きなウエートを占める。国立志向が強く、受験実績もある名古屋地区なら堅いと判断するのだろう」と分析する。

愛知県立豊田西高校(同県豊田市)の進路指導主事、松田昌浩教諭(49)も「もともと私立より公立が強い地域で、入学段階で親子とも『国公立大学を』と望み、高校も要望に応えるよう指導する。中部はモノづくりの拠点で、他地区に比べ理系志望も多い。大学側もニーズを敏感に感じ取っているのでは」と話す。

東海地方の好調な就職状況も地方国立大にとって追い風だ。室蘭工大の就職指導担当者は「東海地方は就職先として関東、道内に次ぐ。『故郷の企業に戻れる』という実績が学生に安心感を与えている」。静岡県の自動車機器メーカーに就職する愛知県豊田市出身の同大4年岡田大輝さん(22)は「東海地方からの求人も多く、就職面で不自由はなかった」と語る。

18歳人口の減少とともに続いていた「工学離れ」も、昨年ひとまず歯止めがかかった。しかし、山梨大は今年、名古屋会場設置にもかかわらず志願者を減らした。

立命館副総長の本間政雄教授(大学経営論)は「私大では工学部を改編して成功する例も多いが、地方国立大もようやく危機感を持ち始めた。試験会場を増やすだけでなく、教育や研究、就職などで魅力がないと継続的に学生は集められないだろう」と話している。(中日新聞)



 

「成績が上がらず、きついことを言ってしまう」お母さんからの相談

 

愛知県の高校入試 by 高校入試ナビ メニュー

一般入試
平成23年度尾張第1群 〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度尾張第1群 〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Bグループ】の志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Aグループ】の志願者数  平成23年度三河第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度三河第2群〈Aグループ〉の普通科志願者数  平成23年度三河第1群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試 三河第1群〈Aグループ〉普通科の志願者数  
三河学区Aグループの高校
平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第2群〈Aグループ〉の普通科志願者数  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・三河第2群〈Aグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・三河第1群〈Aグループ〉推薦入試倍率  三河学区Aグループ2群の高校  三河学区Aグループ1群の高校  三河学区Aグループその他の高校  
三河学区Bグループの高校
平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度三河第1群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・三河第2群〈Bグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・三河第1群〈Bグループ〉推薦入試倍率  三河学区Bグループ2群の高校  三河学区Bグループ1群の高校  三河学区Bグループその他の高校  
主な高校の大学合格実績
国立大学進学者数  
偏差値ランキング
私立高校偏差値ランキング  
公立高校の入試問題
平成22年度公立高校入試問題  平成21年受験用 愛知県公立高校入試問題  平成20年度愛知県公立高校4年間入試と研究  公立高校高校入試問題  他県の入試問題をやってみよう!  愛知県公立高校のH18年の入試問題と出題傾向  愛知県公立高校の過去問(4年分)  
合否判定傾向
難関校の合否判定傾向について  
問題の出題傾向
公立高校入試の出題傾向  愛知県公立高校の過去問(4年分)  
尾張学区Aグループの高校
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度愛知県公立高校の募集定員  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・尾張第2群〈Aグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・尾張第1群〈Aグループ〉推薦入試倍率  尾張学区Aグループその他の高校  尾張学区Aグループ2群の高校  
尾張学区Bグループの高校
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度愛知県公立高校の募集定員  平成22年度一般入試  尾張・三河群 普通科の主な倍率  平成20年度・尾張第2群〈Bグループ〉推薦入試倍率  平成20年度・尾張第1群〈Bグループ〉推薦入試倍率  尾張学区Bグループその他の高校  尾張学区Bグループ2群の高校  
愛知県の公立高校の入試制度
普通科、専門学科の通学区域並びに群及びグループ分け  平成22年度愛知県公立高校 入試日程  平成22年度愛知県公立高校入試 校内順位の決定方法  平成21年度一般入試の配点比率決定  愛知県公立高校入試の特徴は「複合選抜制」  
愛知県の私立高校一覧
私立高校の一覧  
愛知県の高校入試について
平成25年(2013年)度愛知県公立高校 入試日程  平成24年度愛知県公立高校 入試日程  平成23年度愛知県公立高校 入試日程  平成22年度愛知県公立高校 入試日程  平成21年度(2009年)愛知県公立高校選抜日程  2009年度愛知県私立高校の入試日程  高校入試のスケジュール  
愛知県受験ニュース
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第1群 〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Aグループ〉普通科志願者数  平成23年度一般入試尾張第2群〈Bグループ〉の普通科志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Bグループ】の志願者数  平成23年度一般入試【専門学科Aグループ】の志願者数  
推薦入試
平成23年度尾張第1群 推薦入試合格者数  平成23年度尾張第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第2群 推薦入試合格者数  平成23年度三河第1群 推薦入試合格者数  平成22年度推薦入試 倍率  平成21年度愛知県公立高校 推薦入試合格発表  平成21年度三河第2群〈Bグループ〉 推薦入試倍率  平成21年度三河第2群〈Aグループ〉 推薦入試倍率  平成21年度三河第1群〈Bグループ〉 推薦入試倍率  平成21年度三河第1群〈Aグループ〉 推薦入試倍率  
検査方法
検査方法  愛知県公立高校の過去問(4年分)  
私立の入試制度
平成23年度愛知県私立高校 入試日程  愛知県私立高校の入試制度  
私立高校の入試問題
愛知県私立高校の入試問題  
運営者
こんにちは  
2次試験
2次試験(2次選抜)  
Copyright © 2006-2010 愛知県の高校入試 by 高校入試ナビ All rights reserved